クロード・モネの『日本風の太鼓橋』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、クロード・モネの『日本風の太鼓橋』について書かせていただきます。

日本好きのクロード・モネが描いた『日本風の太鼓橋』

今回ご紹介する『日本風の太鼓橋』は、フランスの印象派を代表する画家であるクロード・モネが、晩年に描いた作品です。
縦89×横93cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は日本の京都にある、大山崎山荘美術館で所蔵されています。

『日本風の太鼓橋』を描いた当時、モネは白内障を患っていて、通常であれば絵画の制作は難しいほど視力が落ちていたそうです。
そのような状況で描いた作品ですので、モネの制作に対する想いの強さを感じることができます。

『日本風の太鼓橋』は、モネの自宅兼アトリエでつくった庭(モネの庭)の池にかけた、日本風の太鼓橋を描いています。
モネは、日本が好きで、自宅兼アトリエの庭で、日本風の庭園を作り上げていました。
モネの代表作である『睡蓮』も、その庭で描かれた作品なのです。

モネが亡くなる4年前に描いた『日本風の太鼓橋』には、モネの想いや力強さを感じることができ、オフィスに飾る一枚としてもオススメです。
起業祝いや、会社の周年祝いなどに、モネの『日本風の太鼓橋』をプレゼントされるのも素敵ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《日本風の太鼓橋》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP