ゴッホは売れない画家だった

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『暗色のフェルト帽を被った自画像』について書かせていただきます。

貧乏画家だったヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

今回ご紹介する『暗色のフェルト帽を被った自画像』は、オランダの画家でポスト印象派のヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1887年に描いた自画像です。
44cm×37cmの油彩画で、現在は、オランダのアムステルダムにある「ファン・ゴッホ美術館」で所蔵されています。
炎の画家と呼ばれ、インパクトのある作品を多く残しているゴッホですが、実は自画像も多く描いています。
『暗色のフェルト帽を被った自画像』はアルルに移り住む前に描いた作品です。

ゴッホは現代では絵画に詳しくない人でも知っている有名な画家ですが、生前は全く絵が売れず貧乏画家でした。
ゴッホは37歳という若さで、この世を去りましたが、生前に売れた作品は1枚だけだったと言われています。
その、唯一売れた貴重な作品は『赤い葡萄畑』です。

ゴッホは、決して恵まれた家庭に生まれたわけではありません。
そんな貧乏画家生活を、支えてくれていたのは弟のテオでした。
弟のテオは、ゴッホの画家としての才能を見抜いていたのです。

ゴッホは弟のテオに支えられながら、絵を描くことに没頭していましたが、晩年は精神的に病んでいる状態でした。
そして、37歳という若さでこの世を去りました。
ゴッホの死因には、自殺や事故など様々な説があります。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《暗色のフェルト帽を被った自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP