フェルメール・ブルーの正体とは

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』について書かせていただきます。

ウルトラマリンブルーを使用した『真珠の耳飾りの少女』

今回ご紹介する『真珠の耳飾りの少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールが1665年から1666年に描いたとされる作品で、フェルメールの代表作とも言えます。
46.5cm×40.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。

『青いターバンの少女』とも呼ばれる、この作品は、青いターバンを巻いた少女がこちらを振り向き、何か語りかけようとしているようにも見えます。
少女が頭に巻いているターバンは、とても美しい青色で、フェルメール・ブルーとも呼ばれます。
フェルメール・ブルーの本当の名前は「ウルトラマリンブルー」で、ラピスラズリという鉱石が原料となっています。
当時、ラピスラズリという鉱石は金と同じ値段だったほど高価なものでした。
その高価な鉱石ラピスラズリが原料である「ウルトラマリンブルー」をフェルメールは、様々な絵画で使用しています。
「ウルトラマリンブルー」を使用した美しい青色は、フェルメール作品の特徴とも言えますね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾りの少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP