ゴッホは『ひまわり』にたくさんの希望を抱いていた

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』について書かせていただきます。

ひまわりが持つ花の意味

今回ご紹介する『ひまわり』は、オランダのポスト印象派の画家で、炎の画家とも呼ばれたフィンセント・ファン・ゴッホが1888年に描いた作品です。
93cm×73cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はイギリスのロンドンにある、ナショナル・ギャラリーで所蔵されています。

ひまわりは、太陽に向かって咲き続けることから「忠誠心」や「信仰心」を表すモチーフでもあります。
ゴッホは、そのような意味をもつ「ひまわり」をテーマにした作品を多く描いています。
ゴッホは、仲間が集うはずだった家をひまわりの絵画でいっぱいにしたかったようです。
実際に、仲間が集うことはありませんでしたが・・・

伝道活動をしていたゴッホ

『ひまわり』を描いたゴッホは、10代の時画家の雇われ人になりましたが、宗教的な職業に興味をもち、25歳の時にはベルギーの炭坑で伝道活動を始めました。
その後、画家になろうと決意したゴッホはパリに移住して、ロートレックやベルナールらと親交を深めたそうです。
そんなゴッホですが、37歳という若さで、この世を去りました。
自殺だと言われていますが、真相は謎に包まれています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ひまわり》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP