ルノワールが描いた『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』について書かせていただきます。

『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』で楽しむ人々

今回ご紹介する『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』は、フランスの印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールが1876年に描いた作品です。
131cm×175cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにある、オルセー美術館で所蔵されています。

ルノワールは、「楽しくなる絵しか描かない」ことをモットーにしていました。
そのため、ルノワールの作品は明るく、見ている人が楽しくなるような作品が多いのです。
ルノワールの作品に、ルノワールの友人たちが度々登場するのも、そういった理由からでしょう。

『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』は、フランス・パリのモンマルトルにあるギャンゲットのことです。
ギャンゲットとは、郊外にあるダンスホールと居酒屋が融合したような施設で、当時の庶民たちは市外に出て、酒や娯楽を楽しんでいました。

当時、モンマルトル地区は労働者階級の人々が多く暮らしていて、ムーラン・ド・ラ・ギャラットにも多くの労働者が憂さ晴らしにやってきていました。
しかし、ルノワールが描いた『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』には、そのような光景はなく、まるで人生に憂いなどないような、人々が楽しむ様子が描かれています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ムーラン・ド・ラ・ギャラット》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP