叫んでいるのではない!?ムンクの『叫び』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『叫び』について書かせていただきます。

『叫び』はムンクが自分自身を守ろうとしたもの

今回ご紹介する『叫び』は、ノルウェーの画家でモテ男でもあったエドヴァルド・ムンクが、1893年に描いた作品です。
91cm×73.5cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はノルウェーの首都オスロにある「オスロ国立美術館」に所蔵されています。

先日まで、東京都美術館で「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が開催されていましたので、訪れた方も多いのではないでしょうか。
ムンクの代表作である『叫び』ですが、多くの方が本作に描かれた人物が叫んでいると思っていますよね。
しかし、実は本作に描かれた人物は叫んでいません。

これは、ムンク自身が夕暮れ時に体験した幻影を表現しているのです。
描かれている人物はムンクではありませんし、叫んでいるのではなく、耳を塞いで叫びから自分自身を守ろうとしているのです。

ムンクの『叫び』は、一度見たら頭から離れない印象的な作品ですよね。
多くの人が、このムンクの叫びポーズをとった経験があるのではないでしょうか。

これほどに有名な作品ですので、お店や自宅、オフイスなど、どこに飾っても、たくさんの方の目を引きますし、話題のきっかけとなる1枚だと思いますよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《叫び》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP