ゴッホが描いた3枚の『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』の色使いが違う訳

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』について書かせていただきます。

感情を作品に表した『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』

今回ご紹介する『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』は、1880年代後半のオランダを代表するポスト印象派の画家であるフィンセント・ファン・ゴッホが1888年に描いた作品です。
『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』はゴッホを代表する作品で、計3枚あります。
今回ご紹介している作品は、1枚目のもので72cm×90cmのキャンバスに描かれており、現在はオランダのアムステルダムにあるゴッホ美術館で所蔵されています。
2枚目は、1889年に73.6cm×92.3cmのキャンバスに描かれ、現在はアメリカ合衆国にある、シカゴ美術館で所蔵されています。
3枚目も、2枚目と同じ年の1889年に57.5cm×74cmのキャンバスに描かれ、現在はフランスのパリにある、オルセー美術館で所蔵されています。

そんな3枚の『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』は、同じ部屋を描いているにも関わらず、使用している絵の具の色が違うのです。
この時代のゴッホは、写実的ではなく、感情的に絵を描いていました。
そのため3枚描いた『アルルの寝室(フィンセントの寝室)』は全て違った色使いになっているのです。
それぞれの作品を見れば、当時のゴッホの感情を読み取ることができるということですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《アルルの寝室(フィンセントの寝室)》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP