称賛されているのはメイドではない?『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

この家の主婦を称賛している『牛乳を注ぐ女』

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658〜1660年頃に描いた作品です。
45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。
フェルメールは、オランダの画家で、光の魔術師とも呼ばれており、人物画を中心に多くの作品を残しています。

『牛乳を注ぐ女』は、風俗画の名手フェルメールがメイドをモデルとして描いた作品で、モデルのメイドが硬くなってしまったパンに牛乳を注ぎ、食材を無駄にしないように調理する姿が描かれています。
元々、メイドは男主人を惑わす性的な存在として描かれることが多かったのですが、17世紀の後半ごろからは、女性の美徳を称賛する作品が多くなりました。
『牛乳を注ぐ女』も、そのうちの1枚です。

ただし『牛乳を注ぐ女』は、メイドを称賛している作品のようにも見えますが、実は違うのです。
『牛乳を注ぐ女』では、メイドの雇い主である女主人(この家の主婦)が称賛されています。
この時代、メイドを監督するのは雇い主の主婦でした。
そのためメイドが素晴らしいということは、その家の主婦が素晴らしいということだったのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP