構図に矛盾のある『フォリー=ベルジェール劇場のバー』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドゥアール・マネの『フォリー=ベルジェール劇場のバー』について書かせていただきます。

『フォリー=ベルジェール劇場のバー』でマネが描きたかったものとは

今回ご紹介する『フォリー=ベルジェール劇場のバー』は、1832年にフランスのパリで生まれた「写実主義」の画家エドゥアール・マネが1881年から1882年に描いた作品です。

96cm×130cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、イギリスのロンドンにある「コートルード・ギャラリー」で所蔵されています。

『フォリー=ベルジェール劇場のバー』の舞台はパリのナイトクラブ「フォリー・ベルジェール」で、モデルの女性は、1880年代初期に「フォリー・ベルジェール」でバーテンダーとして実際に働いていたスゾンという女性であると言われています。

マネは『フォリー=ベルジェール劇場のバー』を描いた次の年に、この世を去りました。

そんな『フォリー=ベルジェール劇場のバー』ですが、よく見ると構図に、矛盾が生じていることに気づくでしょうか?
フォリー・ベルジェールの後ろには鏡があり、絵の右側には、フォリー・ベルジェールの後ろ姿と、彼女に話しかける男性の姿が描かれています。
これは遠近法が明らかにめちゃくちゃで、構図としては違和感がありますよね。
実際に、サロンに発表した当時も、構図の矛盾について非難されていたそうです。
なぜ、このように構図に矛盾が生じているのかというと、『フォリー=ベルジェール劇場のバー』でマネが描きたかったのは、フォリー・ベルジェールの空虚な表情だったからです。
都会のバーで、自分を商品のように感じながら働く女性の現実をマネは表現したかったのでしょう。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《フォリー=ベルジェール劇場のバー》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP