日本が好きだったフィンセント・ファン・ゴッホ

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『アルルのダンスホール』について書かせていただきます。

浮世絵が大好きだったゴッホ

『アルルのダンスホール』は、オランダの後期印象派の画家であるフィンセント・ファン・ゴッホ1888年に描いた作品です。
65cm×81cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにあるオルセー美術館で所蔵されています。
『アルルのダンスホール』は、アルルにあるフォリー・アルレジエンヌ劇場というダンスホールの様子を描いたものです。

ゴッホは日本に強い憧れをもっていたといわれています。
ゴッホは南フランスのアルルという街に移り住み、ゴーギャンと共同生活をしていました。
その南フランスのアルルは日本によく似ているとゴッホは感じていたそうです。
そのため、ゴッホは南フランスのアルルで、たくさんの絵を描いています。

『アルルのダンスホール』もゴッホがアルルで暮らしていた頃に描いた作品です。
ゴッホは日本の浮世絵が大好きだったそうです。
『アルルのダンスホール』にも、どこか昔の日本を感じる雰囲気がありますね。

ちなみにゴッホは、日本のことを暖かい国だと思っていたそうですよ。
そのため、アルルの街と日本を重ね合わせていたのでしょうね。

ゴッホが日本の冬を知ったら驚くでしょうね(笑)

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《アルルのダンスホール》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP