謎多きフェルメールが描いた『手紙を読む青衣の女性』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『手紙を読む青衣の女性』について書かせていただきます。

腹部がふくらんだ『手紙を読む青衣の女性』

今回ご紹介する『手紙を読む青衣の女性』は、オランダのバロック期を代表する画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1663年から1664年に描いた作品です。

現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。
『手紙を読む青衣の女性』は、46.6cm×39.1cmのキャンバスに描かれた油彩画です。

『手紙を読む青衣の女性』は『青衣の女』と呼ばれることもあります。

『手紙を読む青衣の女性』は、フェルメールの絶頂期に描かれた作品のうちの1枚だと言われています。
同時期にフェルメールは『真珠の首飾り』や『窓辺で水差しを持つ女』を描いたとされています。

同時期の作品に描かれている、フェルメールの特徴ともいえる『左側の窓』が、この『手紙を読む青衣の女性』には描かれていません。
しかし、左側から光が差し込んでいる様子は、女性の服などから感じることができます。

『手紙を読む青衣の女性』に描かれた女性の腹部が大きく膨らんでいるため、女性は妊娠中で夫から届いた手紙を読んでいる姿だという説もありますし、当時流行していたスカートの下に詰め物をしてふんわりと見せるファッションではないかという説もあります。

1つの作品にも、様々な説があるので、それらを考えながら作品を見るのも楽しいですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《手紙を読む青衣の女性》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP