『青いターバンの少女』と呼ばれていた『真珠の耳飾りの少女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』について書かせていただきます。

フェルメールの人気作品『真珠の耳飾りの少女』

今回ご紹介する『真珠の耳飾りの少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールの代表作です。

製作年は、1665年から1666年だといわれており、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。
『真珠の耳飾の少女』は、44.5cm×39.0cmのキャンバスに描かれた油彩画です。

元々『青いターバンの少女』と呼ばれていたこの作品ですが、小説や映画などで『真珠の耳飾りの少女』というタイトルで紹介されたことをきっかけに、『真珠の耳飾りの少女』という名前で知られるようになりました。

現存するフェルメール作品は37点と言われていますが、その中でも頭部だけの肖像画は、この『真珠の耳飾りの少女』と『少女』の2点だけなので珍しいといえるでしょう。

『真珠の耳飾りの少女』は特定のモデルが存在していない半身像で「トローニー」だと考えられています。
貴重な顔料である「ウルトラマリン」を使用して描かれた少女のターバンは、とても美しい青色をしており、フェルメール・ブルーと呼ばれています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾りの少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP