ゴッホを支えた弟テオとは

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『ひまわり』を描いた画家フィンセント・ファン・ゴッホの弟テオについて書かせていただきます。

ゴッホの弟テオ

今回ご紹介する『ひまわり』は、オランダのポスト印象派の画家で、炎の画家とも呼ばれたフィンセント・ファン・ゴッホが1888年に描いた作品です。

今では誰もが知る有名な画家であるゴッホですが、ゴッホが生きている間に売れた絵は、たった2枚だけでした。
そのうちの1枚を購入したのは、ゴッホの知人だったので、身内以外に売れたのはたった1枚ということになります。

そんな売れない画家であるゴッホを支え続けたのは、ゴッホの弟で画商をしていたテオでした。

絵画販売ドットコムのブログでも、何度も登場しているテオですが、今回はゴッホではなくテオについてご紹介したいと思います。

テオは1857年5月1日にオランダの北ブラバント州ズンデルトに生まれ、兄のフィンセントよりも4歳下でした。

テオは画商として有能で、画家を見る目があったといわれています。
兄のゴッホだけでなく、ロートレックやゴーギャンなどが売れていない頃から、彼らの才能に気づいていたそうです。

兄のゴッホとゴーギャンはアルルで短い間でしたが、共同生活をしていました。
ゴーギャンにアルルに行くように勧めたのも、弟のテオだったそうです。

そんなテオは、ゴッホが亡くなるまでずっと金銭的にも、ゴッホを支え続けていました。
そんな大切な兄ゴッホが自殺をしてしまったことは、テオにとってはとてもショックな出来事でした。
ゴッホの死後、テオもだんだんと衰弱していき、ゴッホの後を追うようにテオ自身も33歳という若さでこの世を去りました。

テオが最後まで支え続けたから、ゴッホの作品が現代で見ることができているのですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ひまわり》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP