オディロン・ルドンの『青い花瓶の花』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、オディロン・ルドンの『青い花瓶の花』について書かせていただきます。

遅咲きの画家オディロン・ルドンの『青い花瓶の花』

今回ご紹介する『青い花瓶の花』は、フランスの画家であるオディロン・ルドンが1912年から1914年ごろに描いた作品です。

現在は日本の広島にある、ひろしま美術館で所蔵されています。

『青い花瓶の花』は、パステルを使用して描かれている作品です。ルドンは1880年の結婚をした年に初めてパステル画を描きました。

もともと「黒」を本質的な色と考えていたルドンの初期のころの作品は、版画や白黒の作品が多く、独特の黒の世界を作り上げていました。

ルドンが50代後半ごろから、それまでのモノクロの作品とは異なる、パステルや油彩を用いた、色彩豊かな作品に変化していきました。

色彩豊かな作品を描くようになったルドンの絵画は、世間にも評価されるようになり、画家としての幸せを手に入れたと言われています。

ルドンは遅咲きの画家であったとも言えますね。

そんなルドンが描いた『青い花瓶の花』は、とても柔らかい印象の優しい絵画です。

玄関やリビングなど、どこに飾っても、よく馴染むので、新築祝いや、お誕生日プレゼントなどの、贈り物の1枚としても大変オススメですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《青い花瓶の花》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP