ピエール・オーギュスト・ルノワールの『大水浴図』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『大水浴図』について書かせていただきます。

フランスの印象派ピエール・オーギュスト・ルノワール

今回ご紹介する『大水浴図』は、フランスの印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが1884年から1887年に描いた作品です。

『大水浴図』は、『女性大浴女図』や『浴女たち』と呼ばれることもあります。

『大水浴図』を描いた画家のルノワールは、1841年にフランスのリモージュという街で生まれ、4歳の時にパリに移住しました。

パリの陶磁器工場で絵付け師として修行していたルノワールでしたが、産業革命により職を失ってしまいます。

職を失ったルノワールは、19歳で芸術家の道を歩み始めました。

21歳から絵画の勉強を始めたルノワールは、モネやシスラー達と親交を深めました。

1870年には普仏戦争に徴兵されて戦地に向かっています。

そんなルノワールは戦地から帰ってきた後、サロンに作品を出品しても落選し、モネたちと印象派展を開いても、酷評されてしまいます。

ルノワールが評価されだしたのは70年代後半だったと言われています。

ルノワールは批判的な声を受けながらも、死ぬ直前まで絵を描いていたそうです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《大水浴図》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP