フィンセント・ファン・ゴッホの『星月夜』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『星月夜』について書かせていただきます。

サン・ポール・ド・モゾル精神病院で描いた『星月夜』

今回ご紹介する『星月夜』は、オランダのポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホが1889年に描いた作品です。

ゴッホは西洋美術史に、最も影響を与えたことや、多くの情熱的なエピソードから『炎の画家』と呼ばれることもあるほど、有名な画家です。

ゴッホは『星月夜』を描いた当時、自身の精神疾患の治療のため、サン・ポール・ド・モゾル精神病院に入院していました。

ゴッホはサン・ポール・ド・モゾル精神病院に入院する前、南フランスのアルルという街で、同じく画家のポール・ゴーギャンと共同生活をしていました。

ゴーギャンとゴッホは共同生活を進めていく中で、すれ違いから、互いにストレスがたまっていたと言われています。

そういったストレスが原因となり、ある日ゴッホはアルルのカフェで自分の耳を切断する事件を起こします。

この事件をきっかけに、ゴッホはサン・ポール・ド・モゾル精神病院に入院することになったのです。

ゴッホの精神的不安が表現された『星月夜』

『星月夜』はゴッホが病室のベッドから窓の外を見た風景が描かれていますが、夜空が渦をまいています。

これは当時のゴッホの精神状態が不安定だったことを表現しているのではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《星月夜》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP