「フェルメール展」で見られる『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの「フェルメール展」について書かせていただきます。

東京・大阪で開催「フェルメール展」

2018年10月5日(金)から2019年2月3日(日)まで、東京・上野の森美術館で「フェルメール展」が開催されます。

さらに2019年2月16日(土)から2018年5月12日(日)まで大阪市立美術館でも開催される予定です。

フェルメールは、オランダの画家で、光の魔術師とも呼ばれ、人物画を中心に多くの作品を残しています。

フェルメールの絵には「フェルメール・ブルー」とも呼ばれるほど、綺麗で鮮やかな青色が多く使用されているといった特徴があります。

8点のフェルメール作品が見られる「フェルメール展」

フェルメールの作品で現存するのは35点のみだといわれています。

今回東京で開催される「フェルメール展」では、そのうちの8点の作品が展示されます。

中には『ワイングラス』や『赤い帽子の娘』など日本初公開の作品もあります。

その他にも

・牛乳を注ぐ女

・マルタとマリアの家のキリスト

・手紙を書く婦人と召使い

・手紙を書く女

・リュートを調弦する女

・真珠の首飾りの女

が展示されるそうです。

東京展では、石原さとみさんのナレーションによる音声ガイドもあるようで、フェルメールや絵画に関する知識があまりなくても、楽しめそうですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP