ムンクが不倫をテーマに描いた『嫉妬』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『嫉妬』について書かせていただきます。

精神疾患を患っていてムンクが描いた『嫉妬』

今回ご紹介する『嫉妬』は、ノルウェーの画家で、フランスやドイツでも活躍した、エドヴァルド・ムンクが描いた作品です。ムンクの叫びというポーズをほとんどの人が知っているほど、『叫び』という作品が有名なムンクですが、『叫び』以外にも多くの作品を残しています。

ムンクは精神疾患を患っていて、人間性や死に対してとても関心を持っていたと言われています。そのためムンクの作品には彼の精神的な不安が多く描かれています。

『嫉妬』も例外ではなく、人間の内に眠る感情がストレートに表現されています。

友人が妻の不倫に対して嫉妬する姿を描いた『嫉妬』

この作品は、ムンクの友人のスタニスラフ・プシビシェフスキが、妻のダグニーが他の男と不倫している様子を草陰で見ながら嫉妬や怒りの感情を抱いている様子が描かれています。

近年でも、不倫をテーマにしたドラマや映画が人気を集めていますが、この当時から人間は不倫をしてしまう生き物だったということがわかりますね。

この作品で不倫をしているダグニーはとても性的魅力のある女性だったそうで、実はムンク自身も惚れていたと言われています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《嫉妬》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP