『タンギー爺さん』の背景はなぜ浮世絵?

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『タンギー爺さん』について書かせていただきます。

ゴッホが描いた『タンギー爺さん』のモデルは?

1887年、ゴッホがパリ時代に描いた有名な肖像画の一つである『タンギー爺さん』のモデルとなっているのは、ジュリアン・フランソア・タンギーです。

ゴッホが『タンギー爺さん』を描いたとき、ジュリアン・フランソア・タンギーは62歳でした。

ジュリアン・フランソア・タンギーは、ゴッホの数少ない友人の一人で、パリで画材屋を営みながら貧しい画家を支援していたそうです。
ゴッホも画材の代金を支払う代わりに、自分が描いた絵を提供していたと言われています。ジュリアン・フランソア・タンギーは、ゴッホが自殺をしたあとも、ゴッホの描いた作品を展示していました。

背景に日本の浮世絵が描かれた『タンギー爺さん』

『タンギー爺さん』を描いた画家のゴッホは、親日家であったことでも有名です。日本の浮世絵に魅了されたゴッホは版画を買い集め、模写を繰り返していたそうです。
実際に『タンギー爺さん』の背景には6枚の浮世絵が描かれていることからも、ゴッホが親日家であり、浮世絵に魅了されていたのだということが伝わってきます。

日本人にも親しみやすいゴッホの『タンギー爺さん』を、インテリアのアクセントとして飾るのも素敵ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《タンギー爺さん》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP