【炎の画家】ゴッホが描いた『夜のカフェ・テラス』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『夜のカフェ・テラス』について書かせていただきます。

炎の画家「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは1800年代後期のオランダの画家で、幼いころから大変な問題児だったと言われています。ゴッホは、37歳で亡くなっていますが、その短い生涯で2000枚以上の絵を残しています。ゴッホは絵のために生き、燃え尽きるように死んでいったことから情熱的な作家で「炎の画家」と呼ばれています。しかし、今では大変有名な画家であるゴッホも、生きている間はあまり絵が売れなかったそうです。ゴッホの死後、ゴッホの作品は斬新なタッチと鋭い描写表現で、高い評価を受けています。

夜を黒でなく青で表現した「夜のカフェ・テラス」

夜のカフェ・テラスは、1888年に南フランスの街・アルルで描かれたものです。絵の舞台はアルルにあるフォリュウム広場という場所で、現在はゴッホとゆかりのある観光地として有名です。ゴッホはこのアルルで親友のポール・ゴーギャンと共同生活をスタートさせます。この作品は、ゴーギャンとの共同生活を始める前の作品です。「夜のカフェ・テラス」は夜を「黒」ではなく「青」で表現した記念すべき作品だと言われています。この「青」とカフェに灯る黄色の明かりが鮮やかな対比を成しています。ゴッホの、その他の作品に「夜のカフェ」という作品があります。「夜のカフェ」もアルルのカフェを描いた作品ですが、そこで描かれているカフェと、「夜のカフェ・テラス」で描かれているカフェは、実は違うお店なのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《夜のカフェ・テラス》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP