『雲龍打掛の花魁』の「おいらん」

今回の記事内容は、あの大変有名なゴッホさん本人がフランスのパリ市内に住んでいた事に模写を油絵の画法で行った、渓泉栄泉さんの『雲龍打掛の花魁』の「おいらん」に関しての記述になります。
この作品自体は、1887年の10月から11月にかけて製作描写をされたものになりますが、約1ヶ月もの日数を掛けて描写の作業をゴッホさん自らがやっているところからも、こうした当時の西欧社会でも中々観られない東洋の一地域にある日本風の絵画を模写した作品を描いた事は、やはり当時のフランス絵画業界内においても、ある程度の衝撃があった事は疑いがありません。

実は中でも、黄色の配色ベースが最も出ている作品は自画像を含めて約3枚程度と言われていますが、それらのうちの1枚がこの、おいらんの作品であるとの事です。
当時は単なる日本画の浮世絵の模写として、中々ゴッホさんご自身が中々世論や絵画業界から相手にされなかったようですが、実はこのおいらんの作品がやはり、彼の死後において注目をされた事がきっかけで、ゴッホさん自身の名前が世界中に知られるようになったきっかけがまさに、この作品にありました。

西欧本来の油絵の技術や画法で、日本画の1つでもある浮世絵を描いたといった、中々な出来事でもありましたので、こうした彼本人による試みはやはり、絵画業界においては決して無駄な事では無かったと、多くの近年においての画家の方々は言われています。
その証拠として現在の2010年代になっても、この作品は多くの人々へ多大なる影響を及ぼし続けています。

関連記事一覧

アーカイブ

2017年6月
« 4月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP