「ひなげしの小径」に見るモネの光の画家ゆえん

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の絵画ブログでは、モネの《ひなげしの小径(こみち)》について書かせていただきます。

モネが好んで書いた土地

佐伯祐三
ヴェトイユのサン・マルタン島はセーヌ川の中州にある島です。
サン・マルタン島にはひなげしが広がる広大な草原があり、モネはこの草原をモチーフにした作品を多く残しています。
《ひなげしの小径》もヴェトイユのサン・マルタン島で描かれました。

印象派を作ったモネ

「印象派」という言葉を作ったモネは、目に映った光を追うため、キャンバスとチューブ絵の具を持って、外で油絵を描きました。
戸外に出て描くことがまだ一般的でなかった当時、カミーユと息子のジャンはさまざまな土地を渡り歩き、訪れたサン・マルタン島のひなげし畑でも作品を描きました。
《ひなげしの小径》以外にもサン・マルタン島の風景画をたくさん残していますが、
「外界の光」がテーマだったモネの描いたひなげし畑の光に満ちた風景は、
モネが「光の画家」といわれるゆえんとなっています。

佐伯祐三
▲原寸大サイズ:80.0×60.0cm メトロポリタン美術館

モネの描く人物画の多くはカミーユと息子のジャンがモデルで、特にカミーユの死後
人物画を描くことはほとんどありませんでした。
このサン・マルタン島のひなげし畑のシリーズからは、
愛した家族と過ごす幸せな時間が、あたたかい光の描写に込められているように感じます。

肉筆でモネの筆致を再現した《ひなげしの小径(こみち)》の複製画はこちらで販売しています。→ひなげしの小径(こみち)

→モネの作品一覧はコチラ

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

 

関連記事一覧

アーカイブ

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP