ドガ「エトワール」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回は今回はドガの「エトワール」についてお話したいと思います。

ドガ「エトワール」

印象派を代表する巨匠ドガ。
線描の優美さを重視し、大胆で奇抜な構図で描かれる作品はどれも魅力的です。

対象の瞬間を見逃さない優れた観察眼を持っている画家でした。
ドガの強く真実性を感じさせる描写や独特な構図は、写真や日本の浮世絵などの斬新な構図に影響を受けたためと考えられています。

さて、代表作の「エトワール」ですが。
絵の中からバレリーナが飛び出してきそうな躍動感があります。
ジャンプしてまさに今、着地した瞬間が描かれています。
どれだけたくさんのバレリーナを見てきたかがよく分かりますね。

しかし、この作品には暗い部分もあるのです。
幕の後ろで出番を待つバレリーナに混じって、黒服の男性が描かれています。
当時のオペラ座に通う紳士たちの多くは、バレリーナのパトロンだったそうです。幕の後ろに見える黒い人影は、踊り子を品定めするパトロンの姿です。ドガは、華やかで美しい世界だけでなく、その裏にある厳しい現実の世界も描いていたのです。

30代半ばで、網膜の病気になりどんど光を失っていく世界をみて、人生の儚さを感じていたドガは、好きだったバレリーナに思いを込めたのだと思います。

ドガは生涯、独身を貫き、一生をかけてバレリーナの姿を追い続け、光と闇を表現し続けました。

→ドガの「エトワール」はコチラ

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2016年7月
« 5月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP