ゴーギャン「馬の頭部のある静物」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回はゴーギャンの「馬の頭部のある静物」についてお話したいと思います。

ゴーギャン「馬の頭部のある静物」"</"

ポール・ゴーギャン(1848年-1903年)。後期印象派を代表する画家。株式仲買商としての仕事を始めた1873年頃から、余暇に絵を描くようになりました。ゴーギャンが画家として本格的に活動をし始めたのは、35歳頃からで他の画家と比べて非常に遅いスタートでした。初期のゴーギャンは、印象派の影響を強く受けています。ただ、印象派の手法にすぐに限界を感じて、新しい描き方を探しはじめたのです。それから後期印象派と呼ばれるスタイルを確立していきました。

この絵の馬の像は、古代ギリシアのパルテノン神殿に由来し、大英博物館が所蔵する《月神セレーネーの馬の頭部》の石膏複製である。
壁には日本の団扇が5、6本掛かっていて、手前には、写真か版画のアルバムのようなものが開いたまま置かれています。この絵は彼としてはきわめて珍しく、新印象派の点描技法で描かれています。
はっきりとしたゴーギャンらしさがないので、画中に署名があるにもかかわらず、
以前には、彼の作品として疑念をいだく研究者が何人かいたくらいです。

→ゴーギャンの「馬の頭部のある静物」はコチラ

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2016年7月
« 5月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP