ゴッホ「ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回はゴッホの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ」についてお話したいと思います。

ゴッホ「ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ」"</"

後期に印象が主に残っている巨匠フィンセント・ファン・ゴッホを、代表する風景画作品のひとつであるムーラン・ド・ラ・ギャレット。

この作品はゴッホがパリを訪れて、半年ほど経った1886年の10月に描かれています。パリの小高い丘の上に堂々と建っていて、現在は多くの観光客が訪れています。

誉れ高いモンマルトルの大衆的なキャバレーの風景が描かれた作品で、
ムーラン・ド・ラ・ギャレットは印象派の巨匠ルノワールにより、残される作品の中でもかなり著名な方である。

ゴッホはパリにいた時に知りあい、友人となったアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックらと共同して、
ムーラン・ド・ラ・ギャレットを描いていたことが明らかとなっています。

また、ゴッホ本人にとっても馴染み深い思い出の個所であったと言われています。

当時を振り返ると、風車の付属した粉挽き小屋とダンスホールが付いた建物であった画面中央に配置される、
ムーラン・ド・ラ・ギャレットの左側には数名の人が描かれており、
その他にもやや離れた箇所に2名の人物の歩く様相が描きこまれています。

この時代のモンマルトルは都市開発がちょうど盛んで、本作で描写される少し虚無的で荒々しく、
厳かしい様相は慎ましやかで、貧困を司る印象はまさに都会的な一端と田舎的な一面が、
混交した当時のモンマルトルの実相を示唆しています。

まさにパリの時代を描いた一枚となっていて、歴史を感じるには持って来いの作品となっています。

さらにゴッホはムーラン・ド・ラ・ギャレットなど、モンマルトルの風景を題材とした作品を
他にも何点か描いており、本作と同じ主題の構成である作品がオッテルローの
国立クレラー=ミュラー美術館に保有されおり、国の財産となっています。

→ゴッホの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ」はコチラ

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP