ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャラット」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回はルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャラット」についてお話したいと思います。

ルノワール:ムーラン・ド・ラ・ギャラット</

19世紀のフランスに生まれた印象派の巨匠
オーギュスト・ルノワール。
特徴的な表現で数多くの作品を制作した
ルノワール。
今回紹介する作品「ムーラン・ド・ラ・ギャラット」は印象派時代の

最高傑作として呼び声が高い1点です。
題名の「ムーラン・ド・ラ・ギャラット」とは、
パリのモンマルトルに実際にあるダンスホールの名前です。
描かれている人物は彼の友人たちで、庶民の社交場での
人生の喜びを鮮やか、かつ華やかに画面いっぱいに表現されています。

印象派の作品の特徴の1つとして光の動き、変化の質感を
いかに表現するかということが挙げられます。
この作品でも陽光の下での人物を描き、木々の間から差し込む木漏れ日の描写が秀逸です。
それにより楽しく、陽気な雰囲気が見事に表現されています。
この作風が彼の作品制作の特徴です。

実はルノワール以外もたくさんの画家が「ムーラン・ド・ラ・ギャラット」を
描いているのですが、他の画家がパリの混沌とした現実を描いているのに対して
ルノワールは上記のような風景を描いたのです。

見る者の心を和ませる傑作です。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP