ゴッホ「アルルの跳ね橋」

ゴッホ「アルルの跳ね橋」

ゴッホ「夜のカフェ・テラス」絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

ゴッホ「アルルの跳ね橋」です。

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回は、フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの跳ね橋」について記載してみます。

ポスト印象派(後期印象派)と言われる、ゴッホ(1853-1890)。

絵画への狂おしいほどの情熱と、ゴッホの壮絶な生涯から「炎の画家」とも呼ばれています。

1888年2月ゴッホは、パリから、日差しの強い南仏アルルに到着します。この絵画はその1888年に描かれているものの一つです。

ぱっと見て、一番最初に目に入る、中心にある橋が印象的です。モデルとなった橋は現存しませんが、今は観光地に再現されたものがあるようです。

その橋の前の川では、色々な色の帽子をかぶった洗濯をしている女性達。鮮やかな色彩は、私たちの心まで華やかにしてくれますね。

ゴッホは日本の浮世絵を深く愛し、影響を受けています。こちらの作品にも影のない、浮世絵の世界観が表れているのではなしでしょうか?

色彩や鮮やかさなどは違っていてもどこか日本人の心にも懐かしい、なじみがあるように感じますね。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP