佐伯祐三「靴屋」

佐伯祐三の靴屋

ゴッホ「夜のカフェ・テラス」絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

今回は佐伯祐三「靴屋」について記載してみます。

この絵は靴屋の親父が靴を作っているという、なにげない日常的な場面を佐伯特有のタッチで描かれており、親しみやすい人物画となっています。

佐伯祐三(プロフィール)1898大阪~1928パリ

佐伯は、大正6年に上京し、川端画学校洋画部へ通い、藤島武二に師事しました。

翌年、東京美術学校西洋画科予備科に入学、そして1923年渡仏。ヴラマンクを訪ね、フォーヴィスムの影響を受けます。また、ユトリロの作品にも影響を受けて、パリの街頭風景を多く描き、サロン・ドートンヌにも入選しました。

一度帰国するが再度パリに渡り、満30歳で死去するまで二度と日本には戻ることはありませんでした。佐伯は、画家としての短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死しました。

佐伯の作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多く、風景画には、モチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色です。作品の大半は都市風景ですが、人物画、静物画等もあります。

この絵は大阪の実業家、山本發次郎(1887-1951)が昭和58年(1983)、ご遺族から大阪市に約570点が寄贈された中の一点です。質量ともに日本一の、佐伯祐三作品コレクションを、はじめ、数多くの優品が含まれています。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP