フェルメール「真珠のネックレスを持つ少女」

1660年代中期の作品です。綿密に計算された空間構成と光と影の表現よる布や陶器の質感が、フェルメールの描く絵画に特徴的な静謐さを持った写実性があらわれています。

壁掛けの鏡を前に真珠のネックレスをつけた自分の姿を確認する少女です。

今回はフェルメール「真珠のネックレスを持つ少女」について記載します。

フェルメール「真珠のネックレスを持つ少女」

窓からの陽光に照らされた画面上部と、下部の机の影の対比が際立って、カーテンの鮮やかな黄色と、少女がまとうサテンのジャケットの色をより鮮やかに見せています。

広い壁の白も鑑賞者の目にさわやかに映り、その広い空間を通う自分の姿を確認する少女の視線の強さが、より強く画面全体から伝わってきます。
 
机のわきの暗がりには、恋の暗示である「リュート」が一度描かれた後、暗く塗りつぶされています。画家があからさますぎる恋のメッセージを隠すために消したと言われますが、それには少女の想いも重ねるという意図もあったのかもしれません。

秘められた恋の相手を思いながら身支度を整えているのでしょうか。それともネックレスは恋の相手からの贈り物なのでしょうか。凛とした少女の視線の先に何を思うのか、想像力をかきたてられる作品です。

絵画販売ドットコムでは「こんな複製画が欲しい」といったご相談も時折いただきます。
何かお探しのものがあれば是非ご相談ください。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP