画家の絵の具  モネ:りんごとぶどう

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。

僕は日々絵画を制作しているけれど、いつからか絵画を模写しながら画家の息遣いやその生活を想像するようになった。

当時黄色は安かったから、こんなにたくさん使うんだな。
筆の勢いが強くて色がかすれてこんな味になっている。
この場所は気合いが入っていて、ここは少し荒らして画面の中の注目させる流れを作っているのかな。

パレットの上に出来てくる色が、その絵画よりも生々しく画家の特色を見せてくれる。
画家によって好きな色の取り合わせや、混ぜる割合、作る色の幅に個性があるのは当然のことだが、集中しているときにふっと息が抜けるようにそれが幻覚のように目の前に立ち上ることがある。

その瞬間は僕の絵筆が巨匠たちに重なったように錯覚すらする。
実際のところ、重ねても重ねても追いつけないテクニックやその時代その空気の情景を追いかけているに過ぎないにしても。

ずっと向かい合っているとその画面の中の配色のパターンが見えてきて、この時この画家の元にはこの数種類の絵の具しかなかったんだな、と気付いた瞬間などは貧乏画家であったその時代が想像できて少し笑えてしまう。

仮にもしいつか誰かが僕のオリジナルの絵画を模写する機会があったとしたら・・・その時の僕の手元にあった絵の具が何種類だったのか推理できてしまうだろう。

ちなみに、僕がはっきりと絵の具の種類が多くないな、と思えたのはこちらです。

モネのりんごとぶどう描いてみないとそんな風に感じることはないと思います。
時期的に貧乏画家時代ということもないと思うので、普段のモネではなかなか使うことがない色味だからかなあと想像しています。
絵のつくりだけでなくその背景を想像するのはとっても楽しいですよ!

僕の描いた実物を見てみたい、と購入を少しでも検討された方はぜひショップへどうぞ!
モネ りんごとぶどう

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP