モネ「アルジャントイユの船渠」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回はモネ「アルジャントイユの船渠」について記載してみます。

モネ「アルジャントイユの船渠」モネと言えば、印象派を代表する画家で有名ですね。

モネは1871年から6年ほどアルジャントイユはというフランスパリの北西、セーヌ川の右岸にある街で、暮らしていました。
「アルジャントイユの船渠」の他にもこの街の橋やヨットをモチーフ描かれた作品や、四季折々のアルジャントイユの風景画を残しています。

船渠(せんきょ)とはドックとも言われ、船の修理や係留、荷役作業のために造られた施設のことで、この作品名は「アルジャントイユのマリーナ」や「アルジャントイユの停泊所」と表現されることもあります。

この作品には、青い空に白い雲、川辺を散歩している貴婦人たちの姿も描かれており、見ているだけで優雅な気分にさせてくれます。

また、額の色を変えると絵画の雰囲気もガラッと変わるのもこの絵画の魅力ではないでしょうか。

ゆったりと過ごすリビングを明るく包んでくれますし、「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」が飛び交う玄関にもピッタリです。
============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP