フェルメール「デルフトの眺望」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回はフェルメール「デルフトの眺望」について記載してみます。

フェルメール「デルフトの眺望」フェルメールはオランダで活躍した画家で、17世紀のオランダ美術を代表する画家とされています。
初めは物語画家として出発したフェルメールですが、やがて風俗画家へと転向していきます。
静かで写実的な画面は、細かな空間構成と巧みな光と質感の表現により、成り立っています。
フェルメールの作品は少なく現存する作品数は、研究者によって違いはあるものの、およそ33~36点くらいです。
このほか、記録にのみ残っている作品が少なくとも10点はあると言われています。

さて、「デルフトの眺望」ですが、運河と市壁に囲まれた都市デルフトを、市の南端にあるスヒー川の対岸から眺めた図を描いた作品です。

中央にスヒーダム門、右にロッテルダム門が描かれています。
スヒーダム門の時計から、朝の7時過ぎであることがわかります。
2つの門の間からは、新教会の塔が明るく照らされているのが見えています。
マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』に言及されていることで有名な作品です。
『失われた時を求めて』で重要なモチーフになっている「黄色い壁」は、ロッテルダム門の左に見えるが、
実際は「壁」ではなく屋根であると言われています。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP