モネ「エトルタの日没(夕日)」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回は「入院時に描かれた1枚”ゴッホの星月夜 糸杉と村”」について記載してみます。

光の画家と呼ばれたモネは、印象派を代表するフランスの画家で時間や季節とともに変化する光や色彩を追求した画家です。
絵画名

そんなモネの作品「エトルタの日没(夕日)」は、ルブラン著「怪盗アルセーヌ・ルパン」シリーズの「奇岩城」の舞台となった場所を描いたものです。

たそがれの水平線に浮かぶ夕日がどこかしんみりとした印象を抱かせる作品で、「印象 日の出」とはまた違う雰囲気を漂わせています。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP