ゴッホがアルルの地の果樹園を描いた作品群

『花咲く桃の木、モーヴの思い出』は、ゴッホがアルルの地の果樹園を描いた作品群のひとつです。ゴッホがオランダに居たころに絵を教わったといわれるモーヴが亡くなったと聞き、この絵にモーヴの思い出と署名しています。

南フランスのアルルに住み始めたゴッホは、果樹園を好んで題材にし太陽を浴びて命の枝を伸ばし色とりどりに輝く様を描いています。桃の木は薄いピンクで日本人には一瞬桜の木にみえてしまうような風情があります。晴れた空には雲が散り、地面には雪が残っているのでしょうか白く彩られています。空の青と白い雲と地面、その真ん中に花を咲かせた桃の木が立ちます。静かに立つ桃の木ですが、その花は命の色を躍動感を持って桃色に放っています。ゴッホは果樹を題材にするとき、その生命をいつくしむ心からか、愛情が立ち込めるように描きます。この作品にもゴッホの愛情深さが感じられます。

桜のようにも見える桃の木は和室にも静かな華やかさを持たせますし、和風の玄関にも明るい雰囲気をもたらしてくれるでしょう。

ゴッホひまわりキャンペーン

ゴッホひまわりキャンペーン

============================
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ (1853年3月30日 – 1890年7月29日)
ゴッホは、自身の熱い思いを伝える激しい筆遣いと鮮やかな色彩は独特な絵画スタイルで知られ、
その劇的な生涯と共に世界中で最も人気を集める画家です。

【絵画販売ドットコムでの代表的作品】
ゴッホ:ひまわり
ゴッホ:夜のカフェテラス
ゴッホ:アルルの跳ね橋
============================

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP