ルノワールの「ラ・グルヌイエールにて」

印象派の代表的な画家の一人でもあるルノワールが持つ独特な色彩感覚のタッチで描かれた「ラ・グルヌイエールにて」は、フランス語でカエルが住んでいる所と言って、当時の上流階級のフランス人にとっては、バカンスの地でもあったラ・グルヌイエールの河畔をモチーフにしています。

ルノワールが、パリ近郊にあるバカンスの地に、モネと二人で一緒に行って描いたとされる本作品は、一見すると、モネのラ・グルヌイエールと全く同じスタイルに仕上がっているようにも見えます。

同じ位置で、しかも殆ど同じアングルで描かれていることから、ルノワールのモネとの親交の深さが感じられますが、実際、二人の作品をよく観察すると、いくつかの視点の相違点があることに気付きます。

モネが枝葉の間から注がれる木漏れ日や川面に反射する光を巧みに捉え描いているのに対し、ルノワールは河畔にある小島に集う人々の描写を繊細な手法で描かれている点から、周囲の景色よりも人物により焦点を当てていたことが伺えます。

=============================================================================
【今回ご紹介した画家】
・ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年2月25日 – 1919年12月3日)
・フランスの印象派の画家、人間に魅せられ人間を多く描いた画家。

【絵画販売ドットコムでのルノワールの代表的作品】
ルノワール:ムーラン・ド・ラ・ギャラット
ルノワール:ピアノによる娘たち
ルノワール:イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像
ルノワール:アニエールのセーヌ河
=============================================================================

=============================================================================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
=============================================================================の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
=============================================================================

関連記事一覧

アーカイブ

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP