ゴッホのひまわり

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回は「炎の画家」や「狂気の天才」と言われたゴッホのひまわり」について記載してみます。

ゴッホは南フランスのアルルで花瓶に挿されたひまわりを7枚描いています。何故同じような構図の作品を7枚も描いたのか、不思議に思うかもしれませんが、これはパリから同行したゴーギャンのために部屋をひまわりでいっぱいに飾るためだったそうです。そして作品の背景の黄色は、アルルで住んでいた「黄色い家」の壁の色を、最大15本のひまわりは一緒に誘った画家仲間たちそのものを表しているといわれています。
ゴッホはアルルの地に画家たちが集い、お互いに切磋琢磨し合って成長していくような理想の家を夢見ていましたが、叶えることはできませんでした。そして唯一訪れてくれたゴーギャンへの深い敬愛の念からひまわりの絵を飾ったのでした。

芸術の追求や探求のために、何度も同じ絵を描いていたというよりは、複数が揃うことに深い意味が込められているように思います。特に3番目から6番目の作品の背景や花の色の微妙な変化は四季を思わせます。同じ黄色でも黄金に輝く黄色だったり、秋の紅葉を思わせるオレンジに近い黄色であったりします。

日々変わる感情や環境の影響もあったかもしれませんが、もしかしたら、移り行く人生そのもの変化をひまわりに重ねて表現していたのかもしれませんね。

ゴッホひまわりキャンペーン

ゴッホひまわりキャンペーン

============================
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ (1853年3月30日 – 1890年7月29日)
ゴッホは、自身の熱い思いを伝える激しい筆遣いと鮮やかな色彩は独特な絵画スタイルで知られ、
その劇的な生涯と共に世界中で最も人気を集める画家です。

【絵画販売ドットコムでの代表的作品】
ゴッホ:ひまわり
ゴッホ:夜のカフェテラス
ゴッホ:アルルの跳ね橋
============================

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2012年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP