モネ「りんごとぶどう」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回はモネ「りんごとぶどう」について記載してみます。

モネのりんごとぶどう1880年制作の「りんごとぶどう」は、モネには珍しい静物画になります。もしかしたら、描いてみたかった気もあったのかもしれませんが、モネは、屋外の画家という評判になっていましたので、なかなか描く機会がなかったのかもしれません。

ある日、雑誌の記者がアトリエを見せて欲しいとやって来た際に、セーヌ川やヴェトゥイユの周辺を大きく指しながら、自分のアトリエはここだと言ったエピソードがあるようです。ただ、事実として、1879年9月にモネの妻カミーユが亡くなります。妻の死の悲しみと呼応するように、必然的なのか、秋から静物画が数点描かれます。光の画家と呼ばれたモネにも、影を思わすような時代があったのです。
人のいない所で、心静かに描き上げたかったのでしょうか。りんごは真っ赤ではなく青みがかったもの、ぶどうも茶色や黒いトーン、いつもの見慣れたモネとは違っていますが、これはこれで、静物画としてのモネの魅力と捉えた方が良いでしょう。秘かなモネ作品の楽しみが広がります。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP