ゴーギャン「神の日(マハナ・ノ・アトゥア)」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます、ブログ担当の松田です。
今回はゴーギャン「神の日(マハナ・ノ・アトゥア)」について記載してみます。

神の日(マハナ・ノ・アトゥア)ゴーギャンの描く「神の日(マハナ・ノ・アトゥア)」という作品は、彼の作品の特徴である、南国のタヒチを描いているものであり、そして、明るい色調や色使い、そしてふちどりの線が特徴的です。水辺を描いているその色調は、大変奇抜で、装飾的な描き方をしています。画面の真ん中には三人の人物が描かれ、その中央に位置する人物は、水辺で髪を梳かす女性が描かれています。その女性は、髪を梳き、そして足元はその光り輝くきれいな色調で描かれた、南国の水辺へと足をひたしています。その両脇には横たわる人物。その2名のうち、前を向いて横たわっているものは誕生を、後ろをむいて横たわっているものは死を意味しているといわれています。そして、中央の髪を梳く女性は生の意味で描かれています。

この三人の人物を通してゴーギャンは自らの人生観、死生観を象徴しているのだとも言われています。そして女性の上には描かれているのはタヒチの神。そんな、意味のある作品となっていますが、全体的に大変暖かい色調で、明るく、そしてどこか神秘的な雰囲気のある、そんな作品となっており、飲食店やショップに飾るのにはぴったりでおすすめです。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP