『ばらを飾るガブリエル』を描いたルノワールの晩年とは

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『ばらを飾るガブリエル』について書かせていただきます。

ルノワール家の世話役を描いた『ばらを飾るガブリエル』

今回ご紹介する『ばらを飾るガブリエル』は、フランスの印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが1911年に描いた作品です。
55.5cm×47cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにある19世紀美術専門の美術館である「オルセー美術館」で所蔵されています。

『ばらを飾るガブリエル』はルノワールの晩年の作品で、ルノワールがこの世を去る8年前、70歳の時に描かれています。
ルノワールは晩年、病気と戦いながら、絵の制作を続けていました。
1897年に自転車から転落し右腕を骨折したことをきっかけに、持病であったリューマチが悪化したルノワールは、南フランスのカーニュ・シュル・メールで過ごします。
1901年、ルノワールが60歳の時には三男のクロードが誕生し、その子どもたちの世話をしていたのが『ばらを飾るガブリエル』のモデルであるガブリエルです。
その後、ルノワールはカーニュのコレット荘で過ごしますが、1915年には妻のアリーヌが56歳でこの世を去ってしまいます。
妻に先立たれ、自身も車椅子生活の状態でしたが、ルノワールは最期まで絵の制作を続けていました。

そして1919年78歳でルノワールはこの世を去ることになりますが、亡くなる日の朝まで絵を描いていたそうです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ばらを飾るガブリエル》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP