手紙の内容は?フェルメールの『手紙を読む青衣の女性』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『手紙を読む青衣の女性』について書かせていただきます。

様々なストーリーを想像させるフェルメールの作品

今回ご紹介する『手紙を読む青衣の女性』は、オランダのバロック期を代表する画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1663年から1664年に描いた作品です。
46.6cm×39.1cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

フェルメールの作品が人気の理由には、作品に様々なストーリーが潜んでいるということではないでしょうか。
女性の日常の1コマを切り取って描かれている作品が多く、とても親しみやすいフェルメールの作品を見ていると、様々な物語を想像することができます。

例えば、今回ご紹介している『手紙を読む青衣の女性』でも、女性が読んでいる手紙の内容を想像して楽しむことができます。
描かれている女性のお腹が膨らんでいるように見えることから、「我が子をお腹に宿した幸せな女性が、旅に出ている夫から届いた幸せな便りを、夫の書斎で夫を身近に感じながら読んでいる」と想像することもできますね。
一方で「夫の留守中に、夫に対する不信感を抱く妻が勝手に書斎に入って手紙を盗み読みしているのではないか」とまるで正反対の見方をすることもできますよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《手紙を読む青衣の女性》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP