家族の肖像画を描くことに熱心だったルノワール

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『ジャン・ルノワールと一緒のガブリエルと少女』について書かせていただきます。

息子と妻の従兄弟を描いた『ジャン・ルノワールと一緒のガブリエルと少女』

今回ご紹介する『ジャン・ルノワールと一緒のガブリエルと少女』は、フランスの印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが描いた作品です。
ルノワールは、長男のピエールが生まれてから、肖像画を熱心に描きました。
約2000点もの肖像画のうちのほとんどが、妻や子供など家族を描いたものです。
これほど多く、家族の肖像画を描いたのはルノワールが妻のアリーヌや子どもたちを愛していたからでしょう。
ルノワールの暖かい作風は、彼が「愛の画家」であったことを物語っています。

今回ご紹介している『ジャン・ルノワールと一緒のガブリエルと少女』でも、ルノワールの次男である、ジャン・ルノワールが描かれています。
ジャンを抱いているのは、ルノワールの妻のアリーヌではありません。
ジャンを抱いているのは、16歳からルノワール家で家政婦や子守役をしていたガブリエルです。
ガブリエルは、ルノワールの妻アリーヌの従兄弟ですので、ルノワールにとっては大切な家族だったのかもしれません。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ジャン・ルノワールと一緒のガブリエルと少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP