光の粒が印象的な『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

日本人に愛されるフェルメール

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、オランダの画家で、光の魔術師とも呼ばれ、人物画を中心に多くの作品を残しているヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658〜1659年に描いた作品です。

45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

「フェルメール・ブルー」と呼ばれる、綺麗で鮮やかな青色が多く使用されているというのも、フェルメールの絵画の特徴です。

『牛乳を注ぐ女』は、女性が固くなったパンを煮るために、土鍋に牛乳を注いでる姿が描かれています。
こうした、なにげない日常の風景を緻密に描いているのも、フェルメールならではですね。

フェルメールの作品は、とても親しみやすいことから、日本人に人気があります。

フェルメールの作品には、たくさんの光の粒(斑点)が描かれていて、光の魔術師とも呼ばれています。

2018年10月5日(金)から2019年2月3日(日)まで、東京・上野の森美術館で「フェルメール展」が開催されています。
さらに2019年2月16日(土)から2018年5月12日(日)まで大阪市立美術館でも開催される予定です。

今回の「フェルメール展」では、今回ご紹介した『牛乳を注ぐ女』も展示されています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP