フェルメールが生まれ育った街を描いた『デルフトの小路』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『デルフトの小路』について書かせていただきます。

フェルメールが生まれ育ったオランダの街「デルフト」

今回ご紹介する『デルフトの小路』は、オランダの画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658年〜1660年頃に描いた作品です。
現在は、オランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

『デルフトの小路』は、フェルメールが生まれ育ったオランダの街「デルフト」の、何気ない日常の風景を描いた作品だといわれています。

意外と短いフェルメールの最盛期

フェルメールは、数多くの名画を残していますが、実はフェルメールの画家としての最盛期は10年も続かなかったといわれています。
フェルメールの代表的な作品は、窓から光が差し込む室内で女性の姿を描いたものが多いですが、そういったフェルメール独自のスタイルを確立したのは1650年代末頃からです。

フェルメールは40歳を迎える前に、筆が衰えはじめたと言われています。
フェルメールは子だくさんだったこともあり、集中して絵画制作に取り組むことができなくなっていたのかもしれません。

その後、43歳という若さでフェルメールは、この世を去りました。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《デルフトの小路》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP