ルノワールが愛らしい踊り子を描いた『バレリーナ』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『バレリーナ』について書かせていただきます。

ルノワールが描いた『バレリーナ』

『バレリーナ』は、フランスの印象派を代表する画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが1874年に描いた作品です。

現在は、アメリカのワシントンD.C.にあるワシントン・ナショナル・ギャラリーで所蔵されています。

バレエの衣装である、チュチュを身に着けた可愛らしい踊り子の少女が描かれた『バレリーナ』は、1874年の第一回印象派展へ出品されました。
しかし、当時はルノワールの『バレリーナ』は良い評価を受けていませんでした。

ルノワールが描く少女は愛らしい

ルノワールは『バレリーナ』以外にも多くの少女をモチーフにした作品を描いています。

ルノワールが描く少女たちは皆、とても愛らしく優しい表情をしています。

色白のやらかい肌や、少女らしい透明感は印象派のルノワールが光をうまく演出して描いているからこそできる表現ではないでしょうか。

踊り子を描いた画家と言えば、エドガー・ドガが有名ですが、ルノワールはドガが描いた踊り子の作品とはまた違った雰囲気で踊り子を描いています。

それぞれの画家の描いた踊り子の作品を比べてみるのも面白いですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《バレリーナ》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP