エゴン・シーレが妻を描いた作品『エディット・シーレ着座』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エゴン・シーレの『エディット・シーレ着座』について書かせていただきます。

未成年少女誘拐や淫行容疑で逮捕歴のある「エゴン・シーレ」

エゴン・シーレは20世紀を代表するヌード画家とも呼ばれる、オーストリアの画家です。1907年には画家のスタフ・クリムトに弟子入りしています。

そんなエゴン・シーレは1911年に17歳の少女「ヴァリ」とウィーンで同棲を始めます。「ヴァリ」はシーレの絵のモデルにもなっていますが、実はクリムトのモデル兼、愛人であったとも言われています。

しかし後に、シーレは未成年少女誘拐や淫行容疑で逮捕されてしまいます。その時の裁判で、裁判官がシーレのポルノ絵画を燃やしたという話もあります。

有名な画家に逮捕歴の過去があるのは驚きですね。

中産階級の令嬢であった妻を描いた『エディット・シーレ着座』

24日間の拘束と3日間の禁固刑を受けたシーレはその後、アトリエの向かいに住んでいたエディットと知り合います。エディットはハムルス家という中産階級の令嬢でした。

シーレは社会的な信用を得るため、エディットと結婚したと言われています。しかし、エディットとの結婚を決意したときもまだ、ヴァリとは愛人関係が続いていたそうです。

ヴァリはシーレがエディットと結婚するということを受け入れることができず、シーレの元を離れました。

なんだかドラマのような話ですね。そんなシーレが妻を描いた『エディット・シーレ着座』はどこか優しい雰囲気の女性が描かれている一方、少しさみしげな雰囲気さえも感じられる作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《エディット・シーレ着座》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP