ムンクの『叫び』が初来日

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『叫び』について書かせていただきます。

東京都美術館で「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が開催

2018年10月27日(土)から、東京都美術館で「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が開催されます。

エドヴァルド・ムンクは20世紀を代表する、ノルウェーの画家で、表現主義に大きな影響を与えた巨匠とも言われています。

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」では、ムンクの残した版画や絵画などの作品約100点が展示されます。

期間は2018年10月27日(土)から2019年1月20日(日)までの開催で、場所は「東京都美術館の企画展示室」です。

観覧料は一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円ですが、7月21日(土)から10月26日(金)まで購入できる前売り券を購入すると一般1,400円、大学生・専門学校生1,100円、高校生600円、65歳以上800円で観覧することができますので、観覧予定の方は前売り券の購入がオススメです。

初来日の『叫び』が観覧できる

『叫び』はムンクの代表作で、多くの人が知る作品ですが、ムンクの描いた『叫び』は版画を除いて4点が残っており、オスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は、今回が初来日の作品です。

『叫び』にはムンクの不安や孤独が表現されていると言われています。実際に「ムンク展―共鳴する魂の叫び」で『叫び』を観覧して、その不安や孤独がどういったものなのか感じてみたいですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《叫び》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP