ポール・ゴーギャンの最も有名な静物画『ハムのある静物』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ポール・ゴーギャンの『ハムのある静物』について書かせていただきます。

ポール・ゴーギャンとは

ポール・ゴーギャンは1848年6月7日にフランスで生まれたポスト印象派の有名な画家です。ゴーギャンの描いた作品はメッセージ性が強いことが特徴で、ただ単純に目の前の物を描くのではなく、その絵を通して何かを訴える作品を多く残しています。

ポール・ゴーギャンは浮世絵の影響を受けているとも言われており、日本とも縁の深い芸術家です。『ひまわり』などを描いた有名な画家のゴッホとは親友だったそうですよ。

ポール・ゴーギャンは晩年、タヒチ島に居を構え、先住民絵画を生み出したこともあり「南国の画家」と呼ばれています。

ポール・ゴーギャンが描いた最も有名な静物画『ハムのある静物』

『ハムのある静物』はポール・ゴーギャンが描いた静物画の中で最も有名な作品です。

ハムが置かれているテーブルは細い柱で支えられていて、まるで宙に浮いているような不安感さえ感じられます。研究者の中では、ゴーギャン自身の不安的な心情が表れているのではないかと、いわれているそうです。

鮮やかな色の背景に、大きなハムが描かれている『ハムのある静物』は、とても印象的な作品なので、バーやイタリア料理のお店など、飲食店に飾る一枚としても最適ではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ハムのある静物》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP