フェルメールの初期の傑作『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

使用人に対する親しみと尊さを表現

ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』の正確な製作年は不明ですが、1658年〜1659年頃だと言われています。『牛乳を注ぐ女』に描かれている女性は、台所で働く使用人だと考えられています。一説ではフェルメールの義母の元で働いていたメイドではないかとも言われていますが、確かなことはわかっていません。この時代の使用人の女性は、オランダの絵画や文学では、男性の欲望の対象や危険な存在として描かれることが多かったのですが、フェルメールの作品では、使用人に対する親しみと尊さが描かれています。

『牛乳を注ぐ女』に描かれた光の粒

この作品は、台所で働く使用人が、土鍋に牛乳を注ぎ、固くなったパンを煮ようとしていると言われています。卓上のパンやかご、陶器の上、さらには鮮やかな黄色と青の服の上に踊る点(斑点)が描かれています。この点(斑点)は、当時流行したカメラ・オブスクラという光学器械を通して外界を見たときに現れる「光の粒」なのです。
『牛乳を注ぐ女』は様々な光学器械が発達した17世紀のオランダにおいて、「見ること」の悦びと可能性を追求したフェルメールの代表的な作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP