損保ジャパン日本興亜美術館 【東郷青児記念展示】

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、当社でも人気のゴッホの「ひまわり」を鑑賞しに損保ジャパン日本興亜美術館へ訪れたときのお話をいたします。

今回お邪魔した時には、東郷青児記念展示が開催されておりました。

ピカソらと交流をしていた初期の画風から、弁年の白い髪が印象的な女性像が描かれるまでの油彩70点、素描・版画・彫刻・タペストリーなど約230点が展示されています。

 

「東郷青児」

夢見るような甘い女性像が人気を博し、本や雑誌、包装紙などに多数使われ、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した画家。

独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名で、雑貨のデザインや本の装釘も数多く手掛けています。

「超現実派の散歩」は、みなさん一度はどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。

晩年の作品では、白い髪の女性をモチーフをして描くことが多いのですが、間近で筆のタッチをよく見ると、一本一本まで、流れにそって丁寧に描かれていたことが印象的で、グラデーションや白い髪とのコントラストが非常に美しい作品ばかりでした。

 

「ゴッホのひまわり」

館内へとはいってすぐのところで、撮影可能な複製画を見ることができます。

訪れた記念として、一緒に撮影するのもいいですね。

東郷青児の展示を見て回った後、展示室最後のコーナーでゴッホのひまわりは、ゴーギャン、セザンヌとともに常設展示されています。

本物のひまわりは、大きさと、筆の力強さに、ただ圧倒されていました。

ゆっくり見られるように、ソファも用意していくださっていますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ひまわり》《アリスカンの並木路 アルル》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はぜひご覧ください。

ゴッホ:「ひまわり」

ゴーギャン:「アリスカンの並木路 アルル」

 

 
《損保ジャパン日本興亜美術館》
開館時間:午前10時から午後6時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料:展覧会により異なりますので展覧会案内をご覧ください。
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
URL:http://www.sjnk-museum.org/

関連記事一覧

PAGE TOP