光と色彩の変化を追求し続けたモネ

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。

たびたび「美術史は印象派から始まる」と言われることがありますが、今回は、そんな「印象派」という言葉が生まれるきっかけとなった、クロード・モネの《印象・日の出》について書かせていただきます。

「印象派」という言葉

クロード・モネはオーギュスト・ルノワールなどとともに印象派の巨匠として知られていますが、モネは印象派の画家たちの中でも、最も印象派的な画家です。
モネは死ぬまでその目に映った光の粒を追い続けたのですが、そんなモネの作品の中でも《印象・日の出》は「印象派」という言葉が生まれるきっかけとなった作品なのです。

印象主義

モネはこの作品にのタイトルに、モチーフとなった場所の名前『ル・アーブル港』ではなく、『印象』という言葉を用いました。
モネにとって描かれた場所よりも、日の光や水面のきらめきが大切だったのです。この《印象・日の出》というタイトルと、輪郭が無いぼやけた画面を見た批評家たちから「印象的にへたくそだ!」と嘲笑されてしまいました。
しかし、このことからモネは自ら印象主義者を名乗り、第3回から正式に「印象派展」と言うようになったのです。

モネは今美術史で当たり前に使われている「印象派」という言葉の、名付け親となった画家なのです。

モネの作品といえば《睡蓮》を思い浮かべる方が多いことと思いますが、「印象派」にとって大きな転機となった《印象・日の出》もじっくり見てみることをおすすめします。
クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《印象 日の出》の複製画を販売しています。
肉筆画ですので、画集では分からない筆のタッチや絵の具の質感も感じていただけます。
お部屋に飾ってみたい方は、こちらからどうぞ。

《印象 日の出》はこちらからご覧いただけます。

============================
絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291
============================

関連記事一覧

アーカイブ

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP